絵柄付キューブの揃え方1

更新日:2015.04.04
  1. HOME
  2. ルービックキューブ攻略法
  3. 絵柄付キューブの揃え方1

ここからは、絵柄が付いているルービックキューブの揃え方を解説します。 絵柄付の場合は、ただ色を揃えるだけでなく、絵柄の向きも揃える必要があります。 と言うことで、ただ色を合わせるだけのルービックキューブより難易度が上がります。

絵柄付キューブの揃え方も、当サイトの攻略法をそのまま利用できます。 従って、まずは柄の向きを気にせず6面完成できるよう、うちの攻略法をマスターして下さい。

絵柄付キューブを揃えるポイント

絵柄付キューブで問題となるのは、ルービックキューブの中心のブロックの向きです。 後から中心の向きを変更することも出来るようですが、 当サイトでは主に中心も揃えながら6面を作っていきます。

中心の向きを揃えるポイントは、以下の3箇所です。

  1. 1面を揃える時、1面の中心の向きも揃える
  2. 1面を揃える時、側面の中心の向きも揃える
  3. 背面の中心の向きを揃える

これから見ていきますが、1面を揃える段階で実に5つの面の中心の向きを揃えることができます。 最後の面は6面揃えてしまってから中心の向きだけ変化させます。

1面の中心の向きを揃える

柄の無いキューブの場合、まず1面を完全に揃えてから側面2列目の段階に移りました。 しかし柄付キューブの場合、完全1面を作る前に中心の向きを揃える手順が入ります。

絵柄付キューブでは、まず十字部分だけを揃えます。 この段階で解説することは殆ど無いのですが、下のような状態では駄目ということです。

1面の中心が揃っていない

このままでは中心が横を向いたままになってしまいます。 十字模様を作る時に、中心の向きを考慮に入れてブロックを当てはめていきます。 後から中心の向きを変えるのではなく、中心に合わせてブロックを当てはめて行きましょう。 上下左右4箇所試せば必ずどこかで向きが揃うので、解説する必要はないですね(笑)

4隅はまだ揃えなくても構いません。 次の段階で側面の中心を揃えますが、その時4隅が崩れてしまうからです。 側面の中心を揃えた後に1面の四隅を揃えていきましょう。